『 湖北はひとつ 』を合言葉に!   湖北地域農業センターは、広域調整機能を最大限に活用し、湖北地域における農業の振興及び担い手の育成を図り、将来展望の持てる農業構造の確立を目指すと共に、湖北地域の農業・農村の活性化を図ることを目的としています。   KohokuRegionalAgricultureCenter Tel:0749-62-4143 Fax:0749-62-4144 Mail:kohoku-nougyou@tree.odn.ne.jp HP:https://kohoku.webnode.jp/ LINE:@549zxsvy                大暑(たいしょ)... 一年でもっとも暑さが厳しく感じられる頃です。体力を保つために鰻を食べる土用の丑や、各地でのお祭り・花火大会もこの時期に行われ、夏の風物詩が目白押しです。 《 暑気いたりつまりたるゆえんなればなり 》

果樹カメムシ類による被害多発のおそれ

2024年05月21日

 令和6年5月20日 滋賀県病害虫防除所は、病害虫発生予察注意報第3号を発表しました。

令和6年度 病害虫発生予察注意報第3号
令和6年(2024年)5月20日
滋賀県病害虫防除所


果樹カメムシ類による被害多発のおそれ

1.病害虫名:果樹カメムシ類(主にチャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ)

2.対象作物:果樹(ナシ、ブドウ、カキ等)

3.発生地域:県内全域

4.発生程度:多

5.注意報発表の根拠
(1)5月第3半旬に果樹カメムシ類の予察灯での誘殺数が急増し、チャバネアオカメムシの誘殺数が平年の7.3倍、ツヤアオカメムシが29.6倍となった。
(2)果樹カメムシ類の予察灯での4月からの累積誘殺数は過去10年で最も多い。
(3)チャバネアオカメムシの越冬成虫数は、過去10年間で2番目に多い。
(4)大阪管区気象台の気象予報では、向こう1か月の気温は高いと予想されている。果樹カメムシ類の活動がさらに活発になり、果樹園への飛来が増加するため、被害の発生が懸念される。

6.防除対策
(1)気温が高く、風の弱い夜に飛来する習性がある。園内で発生を確認したら早朝か 夕方に防除を行うが、必要以上の薬剤散布は、天敵を減少させ、ハダニ類やカイガラムシ類の増加につながるので注意する。
(2)防虫ネット(6㎜以下)を備える果樹園では、ネットの裾をペグや土嚢等で固定するとともに、ネットの破損がないか点検する。
(3)局地的に飛来し、集中的に加害する傾向があるため、各園地で見回りを行う。
(4)山林隣接園や過去に被害を受けた園では特に注意する。

  お問い合わせ先:滋賀県農業技術振興センター 花・果樹研究部
  TEL:077-558-0221 FAX:077-558-3670
  Email:GC58@pref.shiga.lg.jp


農薬の取り扱いについて

 農薬取締法や滋賀県では、農薬を販売する者・使用する者が守らなければならない事項、守っていただきたい事項を次のように定めています。
 このことを守り、農薬の適正な流通、安全・適正な使用に努めましょう。

【 農薬を扱うみなさまへ.pdf 】 

友だち追加